及川りんご園・ミズサキノート・家具工房

Oikawa Apple Farm
in Esashi Oshu Iwate / JAPAN





Cafe / Mizusaki Note 裏の畑より




及川りんご園・園主 及川健児
ミズサキノート・店主 及川由希子


【 私達のこと 】

及川りんご園は及川福雄がはじめてから50年続くりんご園です。
2015年に新規就農者として息子の健児が受け継ぎました。


もう少し前のことからお話しますね。

仙台で家具工房とグラフィックデザイン事務所をしていました。
(今はグラフィックの外注のお仕事は辞めてます。)

健児はグラフィック&家具工房を建てるのが夢だったので、
お金を貯めるため、グラフィックの仕事を一生懸命やってました。
仕事も順調だったので、仙台近郊で場所を探していた矢先、
江刺の健児父からヘルプの電話が。

1年悩みました。
いっぱい話し合いました。そして出した結論。
「やりたいようにやってみよう。ダメだったら仙台へ帰ろう」
2006年江刺へ移住しました。

そして引っ越してきてから数年間、
自宅兼住居と家具工房が建つまで
ドラマみたいな災難が続くわけですが…
詳しいことは本人から直接聞いてください。苦笑。
長くなります。(もはや、ここまでも長い)






店を開業するまでの間も
農作業は手伝ってはきたのですが、
デザインと家具の仕事しかしてこなかった健児にとって
農作業の全てを引き継ぐには相当の覚悟が必要でした。

ところが、6年程前、父が倒れました。
なんとかしなければ。
よく見ると畑の管理もあまりちゃんとできてない様子。
(それまで経営も圃場管理も父一人でやってました)
今後のこと姉弟で話し合い、決めていきました。

盛岡に住む姉も一緒に手伝ってくれることになり、
(りんごの試験場に長く勤めていた経験があり、農作業が大好きなのです)
心強い味方をつけ、なんとかやっていくことに。

今現在は父も母も元気にやってます。





サンふじの受粉作業

引き継いだ当時、まず始めたことは畑の整備。
父の老化とともに畑も老化しており、
元気がなくなってきてました。
土壌改良したり、新しい苗を植えたり、
とにかく畑の環境を整え直すことから始めました。





↑摘果作業。
花が咲いたあと、6個のうち中心についた実だけ残して他はとる。

↓葉摘み、玉回しなどをして、
ようやく収穫!



見た目の美しい畑は働きやすく
景観も素晴らしいものになります。
それでも台風などでりんごが落とされる年もあり
毎年心配はつきません。





サンふじの収穫はけっこう寒い時期。
最近の温暖化でなかなか空気が冷え込まない時もあるので
しっかり蜜が入り美味しく完熟するまで待ちます。
(写真は過去のもの)




最近は農作物の盗難も増えてるそうで悲しいです。
私達も収穫シーズンは警戒しながら作業していますが
カメラやライトの設置などで防犯にもつとめてます。
シーズンになると警察も巡回してくれるので
地域一帯で作物を守っています。

今年も美味しく実りますように。
どうぞ楽しみにお待ちくださいね。






【 江刺の環境 】

場所は奥州市江刺というところになります。
仙台と盛岡の真ん中くらい。
岩手県南地区と呼ばれてるところです。

あまり知られてませんが岩手の全域でりんごが栽培されています。
とくに江刺のりんごが美味しいと評価されているのは
昼夜の寒暖差、夏と冬の寒暖差、北上山地の土壌など
りんご栽培に適した土地に恵まれてることだけでなく、
「わい化栽培」と呼ばれる独自技術と工夫によるもの。
情報を共有しながら、普及センターとりんご農家みんなで
技術向上に励んでいます。



mizusakinote


【 カフェのこと 】

2020年でカフェオープン10周年、そして結婚20周年を迎えました。
当初は飲食店営業のみでしたが
健児と私の弟が改装してくれて
2019年の5月、菓子製造業をいただくことができました。




今はさらに、感染症予防のためシールドを設置してます。
めっちゃ笑顔。嬉しかったんだもの!



2010年にオープンした時は
家具工房のギャラリーカフェとしてオープンしました。

ところが、お客様にはりんご農家のカフェとして認知され。。。
ケーキも、シフォンケーキをちょっと作るつもりが
今では季節折々のケーキを作って楽しんでいただいてます。





できるだけ自園のりんごや梨、地域の作物を中心に
地産地消中心の食材で作ってます。


りんご農家ならではのお菓子やジャムをお作りし、
素材の美味しさをお届けできたらと思ってます。

落ち着いたらアップルパイの通販もやりたいです。





ついつい、いろんな品種、いろんなフレーバーで作ってしまう
オリジナルりんごジャム。
ラベルは私が作ってます。
たくさんできたら通販でもアップしますね。



りんご加工品(ジャムやジュース)も
いろいろ作ってます。
夏は一旦品薄になりますが
お土産やプレゼントにとても喜んでいただいてます。

感染症対策しながらカフェもやってます。
なかなか遠出できない状況かもしれませんが、
いつか、遊びにいらしてください。

お待ちしてます!



【 家具工房 】

健児のつくる家具は木工家具です。
長野県の伊那の木工学校で学びました。
ゼロから設計デザインし、制作・納品しています。




今はりんご農家の仕事が8割になり、時間のとれる時に制作しているため
どうしても納品までお時間いただいてますが、
愛着のある家具が欲しい方に喜んでいただいております。

樹種、サイズ、何をどう制作するのかで価格はかわります。
まずはご相談くださいませ。





ダルマチェア

息子が誕生したこともあり、
小さいころから木の温もりに親しんでほしくて
家具職人として最初に作ったのが子供椅子のダルマチェアです。
こつこつ制作しつづけて17年になります。
いまも作り続けているので
ご出産のお祝いやお誕生日プレゼントに喜んでいただいてます。

25,000円+税+送料
(2020.9.8現在)





https://mizusaki.shop-pro.jp/